2022/04/11 13:57


珈琲発祥の地

およそ1,000年以上も前、珈琲文化の始まりの地と言われるエチオピア。

当時は赤く熟した珈琲の果実部分を食べていたと言われています。

その後、カフェインなどの効能が把握され薬用などとして広く飲用されるようになりました。

小規模農家さんからのフェアトレード

HUYGGECOFFEEでは、小さな農家さんからフェアトレードで仕入れることにこだわっています。

生産者さんは、無農薬で育った珈琲の原木から完熟豆をひとつひとつすべて手摘みで収穫してくれています。

時間と労力をたくさんかけた想いの詰まった珈琲豆です。

エチオピアの小さな農家さんから日本の小さな焙煎所に届けられた無農薬の珈琲生豆をゆっくりていねいに焙煎しています。

1杯の珈琲を飲むまでに、たくさんの人が関わり、たくさんの工程を経ています。

そんなストーリーのほんの一部だけですが、現地の方々の写真とともに少しずつお伝えしていきます。HUYGGE COFFEE ヒュッゲコーヒー

えんとつのある小さなログハウスから無農薬の珈琲をゆっくりていねいにお届けしている自家焙煎所です。

Instagram

https://www.instagram.com/huygge.coffee/


official web shop

https://huyggecoffee.shopselect.net/